主日礼拝2015/11/01

11月1日(日)午前10時30分~

説教 「信者の生活」

聖書 使徒言行録2章37節~47節

[音声再生]
↑クリックすると礼拝説教の音声が再生されます(約53分)

*毎月第一日曜日は聖餐式があります。

讃美歌(各讃美歌の番号をクリックするとパイプオルガンの奏楽が流れます。宝永教会では「讃美歌21」を使用しています。)

83(聖なるかな)
12(とうときわが神よ)
323(喜び祝え、わが心よ)
409(すくいの道を)
513(主は命を)
29(天のみ民も)


新約聖書(新共同訳)より
使徒言行録2章37節~42節

人々はこれを聞いて大いに心を打たれ、ペトロとほかの使徒たちに、「兄弟たち、わたしたちはどうしたらよいのですか」と言った。

すると、ペトロは彼らに言った。

「悔い改めなさい。

めいめい、イエス・キリストの名によって洗礼(バプテスマ)を受け、罪を赦していただきなさい。

そうすれば、賜物として聖霊を受けます。

この約束は、あなたがたにも、あなたがたの子供にも、遠くにいるすべての人にも、つまり、わたしたちの神である主が招いてくださる者ならだれにでも、与えられているものなのです。」

ペトロは、このほかにもいろいろ話をして、力強く証しをし、「邪悪なこの時代から救われなさい」と勧めていた。

ペトロの言葉を受け入れた人々は洗礼(バプテスマ)を受け、その日に三千人ほどが仲間に加わった。

彼らは、使徒の教え、相互の交わり、パンを裂くこと、祈ることに熱心であった。

すべての人に恐れが生じた。

使徒たちによって多くの不思議な業としるしが行われていたのである。

信者たちは皆一つになって、すべての物を共有にし、財産や持ち物を売り、おのおのの必要に応じて、皆がそれを分け合った。

そして、毎日ひたすら心を一つにして神殿に参り、家ごとに集まってパンを裂き、喜びと真心をもって一緒に食事をし、神を賛美していたので、民衆全体から好意を寄せられた。

こうして、主は救われる人々を日々仲間に加え一つにされたのである。

福井宝永教会 地図2015/11/01


日本キリスト教会 福井宝永教会 アクセス