主日礼拝2016/02/07

2016年2月7日(日)午前10時30分~

説教 「ステファノの説教(3)」
中村静郎牧師

聖書 使徒言行録7章44節~53節

[音声再生]
↑クリックすると礼拝説教の音声が再生されます(約42分)

讃美歌(各讃美歌の番号をクリックするとパイプオルガンの奏楽が流れます。宝永教会では「讃美歌21」を使用しています。)

83(聖なるかな)
5(わたしたちは神の民)
355(主をほめよ わが心)
356(インマヌエルの主イェスこそ)
513(主は命を)
29(天のみ民も)


新約聖書(新共同訳)より
使徒言行録7章44節~53節

わたしたちの先祖には、荒れ野に証しの幕屋がありました。

これは、見たままの形に造るようにとモーセに言われた方のお命じになったとおりのものでした。

この幕屋は、それを受け継いだ先祖たちが、ヨシュアに導かれ、目の前から神が追い払ってくださった異邦人の土地を占領するとき、運び込んだもので、ダビデの時代までそこにありました。

ダビデは神の御心に適い、ヤコブの家のために神の住まいが欲しいと願っていましたが、神のために家を建てたのはソロモンでした。

けれども、いと高き方は人の手で造ったようなものにはお住みになりません。

これは、預言者も言っているとおりです。

『主は言われる。

「天はわたしの王座、
地はわたしの足台。
お前たちは、わたしに
どんな家を建ててくれると言うのか。
わたしの憩う場所はどこにあるのか。
これらはすべて、わたしの手が造ったものではないか。」』

かたくなで、心と耳に割礼を受けていない人たち、あなたがたは、いつも聖霊に逆らっています。

あなたがたの先祖が逆らったように、あなたがたもそうしているのです。

いったい、あなたがたの先祖が迫害しなかった預言者が、一人でもいたでしょうか。

彼らは、正しい方が来られることを預言した人々を殺しました。

そして今や、あなたがたがその方を裏切る者、殺す者となった。

天使たちを通して律法を受けた者なのに、それを守りませんでした。」