福井宝永教会の沿革2016/05/29

福井宝永教会は福井市内で最も早く伝道を開始したプロテスタント教会のひとつです。

~沿革~


1890年
浪速中会は越前国に縁のある伝道師 林清吉を東京より招き、福井市に派遣する。

林清吉は市の中心街、佐佳枝中町15番地の借家を講義所兼牧師館として7月より伝道を開始する。

1891年
米国北長老派教会宣教師 G.W.フルトン夫妻がプレスビテリアン関西会議の決議に基づき、金沢より赴任する。

林清吉とフルトン夫妻が協力して伝道に当たり、1892年までに成人11名の信者を得る。

同年10月28日、第14回浪速中会に於いて福井仮教会設立の認可を得る。


1908年
伝道師 馬場正毅、宣教師 G.J.ダンロップの時、福井仮教会(講義所)は58名の信者を有していたが、ミッションより月額44円の補助金を受けていたので、第31回浪速中会の決議に基づき、同中会より伝道教会に編入されたとの報告を得る。

1913年
教師 青木仲英、宣教師デットワイラーの時、宝永上町50番地の宣教師館敷地400坪の半分を借り、会堂と牧師館を新築し移転する。


1941年
伝道師 松田範良の時、在日プレスビテリアン宣教師社団より会堂及び200坪の土地が日本基督教会維持財団に寄付されたのを機に自給に入る。

同年6月24日、日本基督教団創立により福井伝道教会は、福井宝永教会と名称を変更する。

同年7月2日、福井宝永教会建設式を執行する。

宣教開始から数えて51年を経て、ここに長年の念願だった自給独立の教会となる。

1945年
福井大空襲により会堂が焼失する。

1946年
教師 大山忠一の時、日本基督教団脱退・改革派教会加入の件が審議されたが、未決となる。

1950年
3月11日、伝道師 上亨の時、現在地にいわゆる戦災復興会堂を得て移転する。

1953年
無牧の時、日本基督教会に加入する。

1976年
教師 南茂昭夫の時、鉄筋コンクリートの会堂を建て、献堂式を執行する。

1985年
教師 中村静郎が着任する。

1988年
会堂の一部を改築する。

1990年
宣教開始百周年記念礼拝及び感謝会を持つ。

『福井宝永教会百年史』を発行する。

2010年
120周年記念にパイプオルガンを設置し、記念礼拝を持つ。


主日礼拝2016/05/29

2016年5月29日(日)午前10時30分~

説教:「聖霊による外地伝道」
中村静郎牧師

聖書 :使徒言行録13章1-12節
讃美歌(各讃美歌の番号をクリックするとパイプオルガンの奏楽が流れます。宝永教会では「讃美歌21」を使用しています。)

83(聖なるかな)
21(主をほめたたえよ)
404(あまつましみず)
504(主よ、み手もて)
29(天のみ民も)

新約聖書(新共同訳)より
使徒言行録13章1-12節

アンティオキアでは、そこの教会にバルナバ、ニゲルと呼ばれるシメオン、キレネ人のルキオ、領主ヘロデと一緒に育ったマナエン、サウロなど、預言する者や教師たちがいた。

彼らが主を礼拝し、断食していると、聖霊が告げた。

「さあ、バルナバとサウロをわたしのために選び出しなさい。 わたしが前もって二人に決めておいた仕事に当たらせるために。」

そこで、彼らは断食して祈り、二人の上に手を置いて出発させた。

聖霊によって送り出されたバルナバとサウロは、セレウキアに下り、そこからキプロス島に向け船出し、サラミスに着くと、ユダヤ人の諸会堂で神の言葉を告げ知らせた。

二人は、ヨハネを助手として連れていた。

島全体を巡ってパフォスまで行くと、ユダヤ人の魔術師で、バルイエスという一人の偽預言者に出会った。

この男は、地方総督セルギウス・パウルスという賢明な人物と交際していた。

総督はバルナバとサウロを招いて、神の言葉を聞こうとした。

魔術師エリマ――彼の名前は魔術師という意味である――は二人に対抗して、地方総督をこの信仰から遠ざけようとした。

パウロとも呼ばれていたサウロは、聖霊に満たされ、魔術師をにらみつけて、言った。

「ああ、あらゆる偽りと欺きに満ちた者、悪魔の子、すべての正義の敵、お前は主のまっすぐな道をどうしてもゆがめようとするのか。今こそ、主の御手はお前の上に下る。お前は目が見えなくなって、時が来るまで日の光を見ないだろう。」

するとたちまち、魔術師は目がかすんできて、すっかり見えなくなり、歩き回りながら、だれか手を引いてくれる人を探した。

総督はこの出来事を見て、主の教えに非常に驚き、信仰に入った。