主日礼拝2017/01/22

2017年1月22日(日)午前10時30分~

説教;「パウロの祈り(Ⅱ)」
中村静郎牧師
説教音声(約50分)


聖書;エフェソの信徒への手紙1章15〜23節

讃美歌21(クリックすると宝永教会のパイプオルガンで演奏された奏楽音声が流れます。事前練習にお役立てください。)

83(聖なるかな)
10(今こそ人みな)
492(み神をたたえる心こそは)
50(みことばもて主よ)
29(天のみ民も)

 

新約聖書(新共同訳)より
聖書: エフェソの信徒への手紙1章15〜23節

こういうわけで、わたしも、あなたがたが主イエスを信じ、すべての聖なる者たちを愛していることを聞き、祈りの度に、あなたがたのことを思い起こし、絶えず感謝しています。

どうか、わたしたちの主イエス・キリストの神、栄光の源である御父が、あなたがたに知恵と啓示との霊を与え、神を深く知ることができるようにし、心の目を開いてくださるように。

そして、神の招きによってどのような希望が与えられているか、聖なる者たちの受け継ぐものがどれほど豊かな栄光に輝いているか悟らせてくださるように。

また、わたしたち信仰者に対して絶大な働きをなさる神の力が、どれほど大きなものであるか、悟らせてくださるように。

神は、この力をキリストに働かせて、キリストを死者の中から復活させ、天において御自分の右の座に着かせ、すべての支配、権威、勢力、主権の上に置き、今の世ばかりでなく、来るべき世にも唱えられるあらゆる名の上に置かれました。

神はまた、すべてのものをキリストの足もとに従わせ、キリストをすべてのものの上にある頭として教会にお与えになりました。

教会はキリストの体であり、すべてにおいてすべてを満たしている方の満ちておられる場です。

コメント

トラックバック