主日礼拝2016/09/25

2016年9月25日(日)午前10時30分~

説教:「トロアスでの出来事」
中村静郎牧師
説教音声(約50分)

聖書: 使徒言行録20章1~12節

讃美歌21(クリックすると宝永教会のパイプオルガンで演奏された奏楽音声が流れます。事前練習にお役立てください)

83(聖なるかな)
15(みことばにより)
160(深き悩みより)
528(あなたの道を)
29(天のみ民も)

新約聖書(新共同訳)より
聖書: 使徒言行録20章1~12節

この騒動が収まった後、パウロは弟子たちを呼び集めて励まし、別れを告げてからマケドニア州へと出発した。

そして、この地方を巡り歩き、言葉を尽くして人々を励ましながら、ギリシアに来て、そこで三か月を過ごした。

パウロは、シリア州に向かって船出しようとしていたとき、彼に対するユダヤ人の陰謀があったので、マケドニア州を通って帰ることにした。

同行した者は、ピロの子でべレア出身のソパトロ、テサロニケのアリスタルコとセクンド、デルベのガイオ、テモテ、それにアジア州出身のティキコとトロフィモであった。

この人たちは、先に出発してトロアスでわたしたちを待っていたが、わたしたちは、除酵祭の後フィリピから船出し、いつかでトロアスに来て彼らと落合い、七日間そこに滞在した。

週の初めの日、わたしたちがパンを裂くために集まっていると、パウロは翌日出発する予定で人々に話をしたが、その話は夜中まで続いた。

わたしたちが集まっていた階上の部屋には、たくさんのともし火がついていた。

エウティコという青年が、窓に腰を掛けていたが、パウロの話が長々と続いたので、ひどく眠気を催し、眠りこけて三階から下に落ちてしまった。

起こしてみると、もう死んでいたた。

パウロは降りて行き、彼の上にかがみ込み、抱きかかえて言った。

「騒ぐな。まだ生きている。」

そして、また上に行って、パンを裂いて食べ、夜明けまで長い間話し続けてから出発した。

人々は生き返った青年を連れて帰り、大いに慰められた。

主日礼拝2016/09/04

2016年9月4日(日)午前10時30分~

説教:「アポロの宣教」
中村静郎牧師

説教音声(約56分)


聖書: 使徒言行録18章24~19章10節

讃美歌21(クリックすると宝永教会のパイプオルガンで演奏された奏楽音声が流れます。事前練習にお役立てください)

83(聖なるかな)
12(とうときわが神よ)
505(歩ませてください)
403(聞けよ、愛と真理の)
513(主は命を)
29(天のみ民も)

毎月第一主日には聖餐式を行います。

新約聖書(新共同訳)より
聖書: 使徒言行録18章24~19章10節

さて、アレクサンドリア生まれのユダヤ人で、聖書に詳しいアポロという雄弁家が、エフェソに来た。

彼は主の道を受け入れており、イエスのことについて熱心に語り、正確に教えていたが、ヨハネの洗礼(バプテスマ)しか知らなかった。

このアポロが会堂で大胆に教え始めた。

これを聞いたプリスキラとアキラは、彼を招いて、もっと正確に神の道を説明した。

それから、アポロがアカイア州に渡ることを望んでいたので、兄弟たちはアポロを励まし、かの地の弟子たちに彼を歓迎してくれるようにと手紙を書いた。

アポロはそこへ着くと、既に恵みによって信じていた人々を大いに助けた。

彼が聖書に基づいて、メシアはイエスであると公然と立証し、激しい語調でユダヤ人たちを説き伏せたからである。

アポロがコリントにいたときのことである。

パウロは、内陸の地方を通ってエフェソに下って来て、何人かの弟子に出会い、彼らに、「信仰に入ったとき、聖霊を受けましたか」と言うと、彼らは、「いいえ、聖霊があるかどうか、聞いたこともありません」と言った。

パウロが、「それなら、どんな洗礼(バプテスマ)を受けたのですか」と言うと、「ヨハネの洗礼(バプテスマ)です」と言った。

そこで、パウロは言った。

「ヨハネは、自分の後から来る方、つまりイエスを信じるようにと、民に告げて、悔い改めの洗礼(バプテスマ)を授けたのです。」

人々はこれを聞いて主イエスの名によって洗礼(バプテスマ)を受けた。

パウロが彼らの上に手を置くと、聖霊が降り、その人たちは異言を話したり、預言をしたりした。

この人たちは、皆で十二人ほどであった。

パウロは会堂に入って、三か月間、神の国のことについて大胆に論じ、人々を説得しようとした。

しかしある者たちが、かたくなで信じようとはせず、会衆の前でこの道を非難したので、パウロは彼から離れ、弟子たちをも退かせ、ティラノという人の講堂で毎日論じていた。

このようなことが二年も続いたので、アジア州に住む者は、ユダヤ人であれギリシア人であれ、だれもが主の言葉を聞くことになった。

主日礼拝2016/08/28

2016年8月28日(日)午前10時30分~

説教:「神の御心」
中村静郎牧師
説教音声(約46分)冒頭少し切れています

聖書: 使徒言行録18章12~23節

讃美歌21(クリックすると宝永教会のパイプオルガンで演奏された奏楽音声が流れます。事前練習にお役立てください)

83(聖なるかな)
11(感謝にみちて)
206(七日の旅路)
517(神の民よ)
29(天のみ民も)

毎月第4週の礼拝後は、20分ほどクワイアチャイムの練習を行う予定です。
初めての方も大歓迎!
ぜひご参加ください。



新約聖書(新共同訳)より
聖書: 使徒言行録18章12~23節

ガリオンがアカイア州の地方総督であったときのことである。

ユダヤ人たちが一団となってパウロを襲い、法廷に引き立てて行って、「この男は、律法に違反するようなしかたで神をあがめるようにと、人々を唆しております」と言った。

パウロが話し始めようとしたとき、ガリオンはユダヤ人に向かって言った。

「ユダヤ人諸君、これが不正な行為とか悪質な犯罪とかであるならば、当然職員の訴えを受理するが、問題が教えとか名称とか諸君の律法に関するものならば、自分たちで解決するがよい。
わたしは、そんなことの審判者になるつもりはない。」

そして、彼らを法廷から追い出した。

すると、群衆は会堂長のソステネを捕まえて、法廷の前で殴りつけた。

しかし、ガリオンはそれに全く心を留めなかった。

パウロは、なおしばらくの間ここに滞在したが、やがて兄弟たちに別れを告げて、船でシリア州へ旅立った。

プリスキラとアキラも同行した。

パウロは誓願を立てていたので、ケンクレアイで髪を切った。

一行がエフェソに到着したとき、パウロは二人をそこに残して自分だけ会堂に入り、ユダヤ人と論じ合った。

人々はもうしばらく滞在するように願ったが、パウロはそれを断り、「神の御心ならば、また戻って来ます」と言って別れを告げ、エフェソから船出した。

カイサリアに到着して、教会に挨拶をするためにエルサレムへ上り、アンティオキアに下った。

パウロはしばらくここで過ごした後、また旅に出て、ガラテヤやフリギアの地方を次々に巡回し、すべての弟子たちを力づけた。

主日礼拝2016/07/31

2016年7月31日(日)午前10時30分~

説教:「パウロたち、迫害される」
中村静郎牧師

説教音声(約52分)


聖書 使徒言行録16章16-40節

讃美歌21(クリックすると宝永教会のパイプオルガンで演奏された奏楽音声が流れます。事前練習にお役立てください)

83(聖なるかな)
6(つくりぬしを賛美します)
411(うたがい迷いの)
412(昔、主イェスの)
29(天のみ民も)

新約聖書(新共同訳)より
聖書 使徒言行録16章16-40節

わたしたちは、祈りの場所に行く途中、占いの霊に取りつかれている女奴隷に出会った。

この女は、占いをして主人たちに多くの利益を得させていた。

彼女は、パウロやわたしたちの後ろについて来てこう叫ぶのであった。

「この人たちは、いと高き神の僕で、皆さんに救いの道を宣べ伝えているのです。」

彼女がこんなことを幾日も繰り返すので、パウロはたまりかねて振り向き、その霊に言った。

「イエス・キリストの名によって命じる。この女から出て行け。」

すると即座に、霊が彼女から出て行った。

ところが、この女の主人たちは、金もうけの望みがなくなってしまったことを知り、パウロとシラスを捕らえ、役人に引き渡すために広場へ引き立てて行った。

そして、二人を高官たちに引き渡してこう言った。

「この者たちは、ユダヤ人で、わたしたちの町を混乱させております。

ローマ帝国の市民であるわたしたちが受け入れることも、実行することも許されない風習を宣伝しております。」

群衆も一緒になって二人を攻め立てたので、交換たちは二人の衣服をはぎ取り、「鞭で打て」と命じた。

そして、何度も鞭で打ってから二人を牢に投げ込み、看守に厳重に見張るように命じた。

この命令を受けた看守は、二人をいちばん奥の牢に入れて、足には木の足枷をはめておいた。

真夜中ごろ、パウロとシラスが讃美の歌をうたって神に祈っていると、ほかの囚人たちはこれに聞き入っていた。

突然、大地震が起こり、牢の土台が揺れ動いた。

たちまち牢の戸が皆開き、すべての囚人の鎖も外れてしまった。

目を覚ました看守は、牢の戸が開いているのを見て、囚人たちが逃げてしまったと思い込み、剣を抜いて自殺しようとした。

パウロは大声で叫んだ。「自害してはいけない。わたしたちは皆ここにいる。」

看守は、明かりを持ってこさせて牢の中に飛び込み、パウロとシラスの前に震えながらひれ伏し、二人を外へ連れ出して行った。

「先生方、救われるためにはどうすべきでしょうか。」

二人は言った。

「主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたも家族も救われます。」

そして、看守とその家の人たち全部に主の言葉を語った。

まだ真夜中であったが、看守は二人を連れて行って一傷を洗ってやり、自分も家族の者も皆すぐに洗礼(バプテスマ)を受けた。

この後、二人を自分の家に案内して食事を出し、神を信じる者になったことを家族ともども喜んだ。

朝になると、高官たちは下役たちを差し向けて、「あの者どもを釈放せよ」と言わせた。

それで、看守はパウロにこの言葉を伝えた。

「高官たちが、あなたがたを釈放するようにと、行ってよこしました。さあ、牢からでて、安心して行きなさい。」

ところが、パウロは下役たちに言った。

「高官たちは、ローマ帝国の市民権を持つわたしたちを、裁判にもかけずに公衆の面前で鞭打ってから投獄したのに、今ひそかに釈放しようとするのか。

いや、それはいけない。

高官たちが自分でここへ来て、わたしたちを連れ出すべきだ。」

下役たちは、この言葉を高官たちに報告した。

高官たちは、二人がローマ帝国の市民権を持つものであると聞いて恐れ、出向いて来てわびを言い、二人を牢から連れ出し、街から出て行くように頼んだ。

牢を出た二人は、リディアの家に行って兄弟たちに会い、彼らを励ましてから出発した。

主日礼拝2016/06/19

2016年6月19日(日)午前10時30分~

説教:「信仰に踏みとどまる」
中村静郎牧師
説教音声(約36分)

聖書: 使徒言行録14章21~28節

83(聖なるかな)
1(主イェスよ、われらに)
296(いのちのいのちよ)
401(しもべらよ、み声きけ)
29(天のみ民も)

新約聖書(新共同訳)より
使徒言行録14章21~28節

二人はこの町で福音を告げ知らせ、多くの人を弟子にしてから、リストラ、イコニオン、アンティオキアへと引き返しながら、弟子たちを力づけ、「わたしたちが神の国に入るには、多くの苦しみを経なくてはならない」と言って、信仰に踏みとどまるように励ました。

また、弟子たちの教会ごとに長老たちを任命し、断食して祈り、彼らをその信ずる主に任せた。

それから、二人はピシディア州を通り、パンフィリア州に至り、ペルゲで御言葉を語った後、アタリアに下り、そこからアンティオキアへ向かって船出した。

そこは、二人が今成し遂げた働きのために神の恵みにゆだねられて送り出された所である。

到着するとすぐ教会の人々を集めて、神が自分たちと共にいて行われたすべてのことと、異邦人に信仰の門を開いてくださったことを報告した。

そして、しばらくの間、弟子たちと共に過ごした。

主日礼拝2016/06/05

2016年6月5日(日)午前10時30分~

説教:「アンティオキアでの説教」
中村静郎牧師
説教音声(約31分)

聖書 :使徒言行録13章13~52節

讃美歌(各讃美歌の番号をクリックするとパイプオルガンの奏楽が流れます。宝永教会では「讃美歌21」を使用しています。)

83(聖なるかな)
22(深き悩みより)
288(恵みにかがやき)
454(愛する神にのみ)
513(主は命を)
29(天のみ民も)

新約聖書(新共同訳)より
使徒言行録13章13~52節

パウロとその一行は、パフォスから船出してパンフィリア州のぺルゲに来たが、ヨハネは一行と別れてエルサレムに帰ってしまった。

パウロとバルナバはペルゲから進んで、ピシディア州のアンティオキアに到着した。そして、安息日に会堂に入って席に着いた。

律法と預言者の書が朗読された後、会堂長たちが人をよこして、「兄弟たち、何か会衆のために励ましのお言葉があれば、話してください」と言わせた。

そこで、パウロは立ち上がり、手で人々を制して言った。

「イスラエルの人たち、ならびに神を畏れる方々、聞いてください。

この民イスラエルの神は、わたしたちの先祖を選び出し、民がエジプトの地に住んでいる間に、これを強大なものとし、高く上げた御腕をもってそこから導き出してくださいました。

神はおよそ四十年の間、荒れ野で彼らの行いを耐え忍び、カナンの地では七つの民族を滅ぼし、その土地を彼らに相続させてくださったのです。

これは、約四百五十年にわたることでした。

その後、神は預言者サムエルの時代まで、裁く者たちを任命なさいました。

後に人々が王を求めたので、神は四十年の間、ベニヤミン族の者で、キシュの子サウルをお与えになり、それからまた、サウルを退けてダビデを王の位につけ、彼について次のように宣言なさいました。

『わたしは、エッサイの子でわたしの心に適う者、ダビデを見いだした。彼はわたしの思うところをすべて行う。』

神は約束に従って、このダビデの子孫からイスラエルに救い主イエスを送ってくださったのです。

ヨハネは、イエスがおいでになる前に、イスラエルの民全体に悔い改めの洗礼(バプテスマ)を宣べ伝えました。

その生涯を終えようとするとき、ヨハネはこう言いました。

『わたしを何者だと思っているのか。わたしは、あなたたちが期待しているような者ではない。その方はわたしの後から来られるが、わたしはその足の履物をお脱がせする値打ちもない。』

兄弟たち、アブラハムの子孫の方々、ならびにあなたがたの中にいて神を畏れる人たち、この救いの言葉はわたしたちに送られました。

エルサレムに住む人々やその指導者たちは、イエスを認めず、また、安息日ごとに読まれる預言者の言葉を理解せず、イエスを罪に定めることによって、その言葉を実現させたのです。

そして、死に当たる理由は何も見いだせなかったのに、イエスを死刑にするようにとピラトに求めました。

こうして、イエスについて書かれていることがすべて実現した後、人々はイエスを木から降ろし、墓に葬りました。

しかし、神はイエスを死者の中から復活させてくださったのです。

このイエスは、ご自分と一緒にガリラヤからエルサレムに上った人々に、幾日にもわたって姿を現されました。

その人たちは、今、民に対してイエスの証人となっています。

わたしたちも、先祖に与えられた約束について、あなたがたに福音を告げ知らせています。

つまり、神はイエスを復活させて、わたしたち子孫のためにその約束を果たしてくださったのです。

それは詩編の第二編にも、

『あなたはわたしの子、
わたしは今日あなたを産んだ』

と書いてあるとおりです。

また、イエスを死者の中から復活させ、もはや朽ち果てることがないようになさったことについては、

『わたしは、ダビデに約束した
聖なる、確かな祝福をあなたたちに与える』

と言っておられます。

ですから、ほかの箇所にも、

『あなたは、あなたの聖なる者を
朽ち果てるままにしてはおかれない』

と言われています。

ダビデは、彼の時代に神の計画に仕えた後、眠りについて、祖先の列に加えられ、朽ち果てました。

しかし、神が復活させたこの方は、朽ち果てることがなかったのです。

だから、兄弟たち、知っていただきたい。

この方による罪の赦しが告げ知らされ、また、あなたがたがモーセの律法では義とされえなかったのに、信じる者は皆、この方によって義とされるのです。

それで、預言者の書に言われていることが起こらないように、警戒しなさい。

『見よ、侮る者よ、驚け。滅び去れ。

わたしは、お前たちの時代に一つの事を行う。

人が詳しく説明しても、お前たちにはとうてい信じられない事を。』」

パウロとバルナバが会堂を出るとき、人々は次の安息日にも同じことを話してくれるようにと頼んだ。

集会が終わってからも、多くのユダヤ人と神をあがめる改宗者とがついて来たので、二人は彼らと語り合い、神の恵みの下に生き続けるように勧めた。

次の安息日になると、ほとんど町中の人が主の言葉を聞こうとして集まって来た。

しかし、ユダヤ人はこの群衆を見てひどくねたみ、口汚くののしって、パウロの話すことに反対した。

そこで、パウロとバルナバは勇敢に語った。

「神の言葉は、まずあなたがたに語られるはずでした。」

だがあなたがたはそれを拒み、自分自身を永遠の命を得るに値しない者にしている。

見なさい、わたしたちは異邦人の方に行く。

主はわたしたちにこう命じておられるからです。

『わたしは、あなたを異邦人の光と定めた、
あなたが、地の果てにまでも
救いをもたらすために。』」

異邦人たちはこれを聞いて喜び、主の言葉を賛美した。

そして、永遠の命を得るように定められている人は皆、信仰に入った。

こうして、主の言葉はその地方全体に広まった。

ところが、ユダヤ人は、神をあがめる貴婦人たちや町のおもだった人々を扇動して、パウロとバルナバを迫害させ、その地方から二人を追い出した。

それで、二人は彼らに対して足の塵を払い落し、イコニオンに行った。

他方、弟子たちは喜びと聖霊に満たされていた。

主日礼拝2016/05/22

2016年5月22日(日)午前10時30分~

説教:「神に栄光を」
中村静郎牧師

説教音声(約42分)


聖書 :使徒言行録12章20~25節

讃美歌(各讃美歌の番号をクリックするとパイプオルガンの奏楽が流れます。宝永教会では「讃美歌21」を使用しています。)

83(聖なるかな)
20(主に向かってよろこび歌おう)
355(主をほめよ わが心)
356(インマヌエルの主イェスこそ)
29(天のみ民も)

新約聖書(新共同訳)より
使徒言行録12章20~25節

ヘロデ王は、ティルスとシドンの住民にひどく腹を立てていた。

そこで、住民たちはそろって王を訪ね、その侍従ブラストに取り入って和解を願い出た。

彼らの地方が、王の国から食糧を得ていたからである。

定められた日に、ヘロデが王の服を着けて座に着き、演説をすると、集まった人々は、「神の声だ。人間の声ではない」と叫び続けた。

するとたちまち、主の天使がヘロデを撃ち倒した。神に栄光を帰さなかったからである。

ヘロデは、蛆に食い荒らされて息絶えた。

紙の言葉はますます栄え、広がって行った。

バルナバとサウロはエルサレムのための任務を果たし、マルコと呼ばれるヨハネを連れて帰って行った。