主日礼拝2017/08/20

2017年8月20日(日)午前10時30分~

説教:「キリストに結ばれた生活(Ⅱ)」
中村静郎牧師



聖書:コロサイの信徒への手紙2章16~23節

讃美歌21(クリックすると宝永教会のパイプオルガンで演奏された奏楽音声が流れます。事前練習にお役立てください。)
83(聖なるかな)
18(心を高くあげよ!)
433(あるがままわれを)
436(十字架の血に)
29(天のみ民も)

 

新約聖書(新共同訳)より
コロサイの信徒への手紙2章16~23節

だから、あなたがたは食べ物や飲み物のこと、また、祭りや新月や安息日のことでだれにも批評されてはなりません。

これらは、やがて来るものの影にすぎず、実体はキリストにあります。

偽りの謙遜と天使礼拝にふける者から、不利な判断を下されてはなりません。

こういう人々は、幻で見たことを頼りとし、肉の思いによって根拠もなく思い上がっているだけで、 頭であるキリストにしっかりと付いていないのです。

この頭の働きにより、体全体は、節と節、筋と筋とによって支えられ、結び合わされ、神に育てられて成長してゆくのです。

あなたがたは、キリストと共に死んで、世を支配する諸霊とは何の関係もないのなら、なぜ、まだ世に属しているかのように生き、 「手をつけるな。味わうな。触れるな」などという戒律に縛られているのですか。

これらはみな、使えば無くなってしまうもの、人の規則や教えによるものです。

これらは、独り善がりの礼拝、偽りの謙遜、体の苦行を伴っていて、知恵のあることのように見えますが、実は何の価値もなく、肉の欲望を満足させるだけなのです。

コメント

トラックバック